【高野克也(たかのかつや)】

1979年札幌生まれ、豊平区月寒育ち。ラジオ番組制作会社で番組制作を担当後、自然への憧れから大雪山国立公園の自然保護監視員を経て2009年より「NPO法人ねおす」へ。東川町でネイチャーガイドや子どもの自然体験活動、森づくりプログラムなどを担当。2011年に札幌へ異動となり、子ども事業をメインに誰もが楽しめる自然体験活動に力を注ぐ。2015年より「札幌まるやま自然学校」として独立、「自然はエンターテイメント!」をモットーなごやかに活動中。

 

資格:北海道アウトドアガイド資格(自然)、LEAFナショナルインストラクター、木育マイスター、NEALコーディネーター、プロジェクトWILDエデュケーター、グローイングアップWILDエデュケーター、上級救命講習終了


【富田桂太(とみたけいた)】
1986 年札幌生まれ。手稲区育ち。大学の頃から地域活性化やまちづくりに興味があり、積丹町の観光調査や江別市の食を通じた市民活動、小樽市の職人の伝統を守るNPOのインターンとして活動する。大学4年次にNPO 法人ねおすで、被災地支援活動における復興からのまちづくりに関わるインターンシップを1年間経験。2012 年度には、「黒松内ぶなの森自然学校」にて、子ども・交流・地域事業の現場を学びながら、様々な事業の事務局トレーニングを積みつつ、地域課題解決と若者育成を同時に目指す社会的インターンシップの仕組みづくりを行った。2013 年度からは札幌本部にて活動中。「田舎のおもしろいじっちゃん・ばっちゃんには、田舎に来ないと会えないよ」をモットーに、様々な人と人との交流の場づくりが目標。


【小杉生奈子(こすぎななこ)】

1963 年東京生まれ、東京育ち。明治大学・大学院では考古学を専攻。15 年前に札幌へやってきました。高校生のひとり息子がいます。学生時代に鍛えた体力のおかげ?で、今も登山に沢登りにロッククライミングと山で遊びことが好き。趣味はなかなか上達しない沖縄の三線。ちなみに小杉家のモットーは「歩く」こと。どこに旅に出かけても、自分たちだけの地図をつくり、自力で歩きぬきます。NPO法人ねおすの自然ガイド・自然体験活動指導者養成コースで自然知識、野外行動技術、ガイド概論などで学んだ経験をいかして、みなさんに楽しい放課後自然体験活動を提供したいです。